--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はっぴーにゅーいやー

2012年01月07日 00:41

どうも。明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ボクです。

というわけで去年末に思いついた企画を今回から始めちゃおうかお思います。過去の記事を読んでいると、スタイルが定まらず赤面ものではありますが、開業前の妄想と、一応開業から2年を迎えようとしている現在の感じ方の違いをまとめると面白いんじゃないかなーと。

では早速「行政書士で稼ぐためには」という記事から見てみましょう。

いきなりカッコいいタイトルの記事ですね。内容を読んでも大したことは書いてない。こういう考え方は大して変わっていないけど、最近考えている分類として、「職人的行政書士」と「経営者的行政書士」というのがある。

前者は読んで字の如く、特定の業務に習熟して、それを武器に自分で仕事をこなしていく人。いわゆるスペシャリストですね。通常行政書士として成長するというのはこの方向性で考えている人が多いんじゃなかろうか。行政書士は1人でやっている人が多いので、こういう方向にならざるを得ないんだろうね。

そして後者は、主に仕事を取ってきたり、仕事が取れるシステムを構築して、作業自体は基本的に人に任せるタイプ。個人的にはこちらのタイプを目指しているんだなと最近自覚してきた。

今持っているイメージとしては、行政書士業務に限らず、今やっているものやこれから始めるビジネスのどれかがある程度軌道に乗った段階で、そのビジネスを任せる。そして自分は軌道に乗っていないビジネスを軌道に乗せて、また人に任せる。

こういう感じでひとつずつ自分の手から離してはまた自分で新しいことを始めるという感じでやっていきたいなぁ。もちろん軌道に乗せるだけじゃなくて、維持していくこともとても難しいことなので、大変な苦労があるんだろうけど、基本的には組織を作って仕事をしていきたいな、と思っています。

というわけで、記事を振り返るというよりも将来のビジョンを語ってしまったけど、新年の抱負という感じで、まいっか。
スポンサーサイト

さてさて

2012年01月18日 00:54

どうも。事務所の引越しで親指のスジを微妙に痛めているボクです。

振り返ってみよう企画の第2弾です。「稼ぐ=仕事を取ってくる→営業」という記事を振り返ってみる。この頃は記事のタイトルも真面目につけてますな。

んで、内容についてですが、内容自体が薄いのでなんともコメントに困るが、基本的に記事を書いた頃とこの辺の考え方は全く変わってない。やっぱり飛び込み営業はやろうとは思わないし、HP中心の営業でと考えております。

あと、飛び込み営業に対してネガティブな書き方になってしまっていて、誤解を与えかねない表現だなと。飛び込み営業自体は立派な営業手法のひとつ。100人に「邪魔くさい」と思われたって、そう思わずに仕事をくれる1人がいれば良いだけの話なんだから。もっとマイルドな営業方法では、1000人に無視されて1人も仕事をくれないかも知れないし。

ま、営業方法についての考えは、また改めて記事にする予定なのでそちらで。

で、最後の「HPだけで仕事が来るもんなんでしょうか。」という部分については、今後振り返る記事に、その問題を中心としたものがあるのでその時に。

てなわけで今回はこれにてしゅーりょー。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。