--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五月病

2012年05月19日 00:09

どうも。相変わらずほろ酔いの金曜日の夜にブログの更新をするボクです。

前回は営業の断り方について私見を書いたわけだけど、今回は行政書士の営業についてちょっと書こうかなと。重いテーマだからなんだか書きづらいけど、支離滅裂で大胆不敵で傲岸不遜で単純明快な感じでいってみよう。

ボクが開業してから2年と少しの間で、仕事が上手くいっている人も、そうでない人も見てきた中で、ひとつだけ断言出来ることがある。それは「動けば何かが起こる」ということ。逆に言うと「動かないとお客さんは来ない」ってこと。

はいそこのアナタ、「は?当たり前だろボケ」とか怒らないで。

でもね、しっかり営業して動けてる人ってそんなに多くないんですよホント。ボ、ボ、ボ、、ボクのことはいいんですよ。ボクのことは。

実際行政書士を開業する人って、「会社で営業するのが嫌だから」みたいな理由で開業している人も少なくないと思うんだけど、結局自営業で、しかも1人でやるとなれば営業は絶対に避けては通れなくて、営業が苦手だから廃業しちゃう、みたいな悪循環があるのも事実だと思う。

確かに営業って言うと、いわゆる飛び込み営業とか、テレアポとか、交流会に出るとかっていうのを想像しちゃって二の足を踏むところもあるとは思うんだけど、実はそれだけじゃない。

そういう営業が苦手な人はネットとかで頑張ればいいし、他にも色々やり方がある。実際ネットだけで食ってる人もいるしね。

でも、どういう方法を採るにしても、とにかく動かない事には何も起きないしお客さんも来ない。これだけは間違い無い。

で、動くと、それが形になってなくてもなぜか問い合わせが増えたりする。例えば、ある業務のサイトを作り始めると、その業務についての問い合わせが入ったりとか。オカルトっぽいけど、不思議とそういうことってあるんですよ奥さん。

だからね、とにかく集客のために自分にも出来ることを考えて、それを実行に移す。それの繰り返ししか無いんですよきっと。別にどうしても飛び込み営業ができない人は無理にやる必要は無いし、ホームページを作るのがどうしても面倒な人はその必要も無いと思うけど、自分がやれる、やりたいことやる。まずは行動。これが王道かつ唯一の成功への道なんだと思う。

という自分へのメッセージを、色んな人が見る可能性のあるブログに書いてみた。ああ誰か、自分に厳しくなれる方法を教えて下さい・・・。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://gyosho695.blog9.fc2.com/tb.php/84-3cc3f25d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。