--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営業を断ろう

2012年04月28日 01:18

どうも。ゴールデンウィーク前の金曜日に自宅で一人ほろ酔いのボクです。

まずは誰も興味の無い近況報告から。って言っても久々の近況報告のような気もする。行政書士の本業の方はボチボチという感じで、最近は個人の方からの内容証明の依頼が多い。正直内容証明はあまり儲からない上に、性格的にアフターフォローをきっちりやってしまうので、なかなか大変な面もある。

それと来月でとうとう丸2年になる行政書士実務研究会は、4月に始まった常設講座の第1回の契約書講座は19名と上々の出足。香川から来てくれた方もいて、しかも講義に満足してもらえたみたいで次回の申込みも既に頂いているということで、本当に嬉しい。もちろんビジネスの側面もあるけど、本気で業界貢献も考えているんだよ。これが。

と、近況報告はここまでにして、自分自身も開業してから約2年ということで、新人の方に役に立つかもしれないということでも書こうかな。

というわけで、この時期各社の新入社員がやらされているのもあってかなり多い営業電話の対処法でも。特に問題無くあしらっている人も多いとは思うけど、上手く対処できない人のためにボク流の対処法を。

まず前提として、本当に自分に必要なサービスは、自分から申込むはずだと思って良い。言い換えると営業電話は全て自分から金をだまし取ろうとしていると考えること。もしかすると中には本当に役に立つサービスもあるかも知れない。でも、もしそうであれば、自分で見つけて自分からアプローチすることになるはず。と考えるべき。

で、一番大事なのは「話を聞かない」ということ。営業のテクニックとして、「小さな要求を受け入れさせて、それを足がかりにより大きな要求を受け入れさせる」というものがある。なんか名前がついてた気がするけど忘れた。相手も必死なので、話を聞いてしまうと万が一ということもある。ボクはやられたことがある。

営業側からすれば、まずは相手に話をさせずに「話を聞かせる」ということを足がかりにして、お金を出させるというのは営業の黄金パターン。

で、じゃあ具体的にはどうすりゃいいのよ、ということだけど、営業電話だと気づいた時点で、相手の言葉を遮っても良いので、「お金を払うつもりは一切無い」ということを伝えれば良い。

例えばボクがよく使うのは「あ~申し訳ないですけど〇〇(広告の営業なら広告)についての予算は既にこの先2年間全部決めているので、それ以外への出費は一切しないって決めちゃってるんですよー。」というもの。一度では食い下がってくる営業マンもいるが、そこで「わざわざお電話頂いて申し訳ないですが、もし必要になればこちらから連絡するので今回は遠慮します。」と言えば、それ以上食い下がられたことはない。

中には営業電話とわかったら電話をガチャ切りするという人もいるし、それはそれで有効なんだろうと思うんだけど、性格的にあまりスッキリしないので、ボクはやらない。

まあ、別に上に書いたように対応しろっていうんじゃなくて、何かヒントにしてもらえればいいかなって感じ。

五月病

2012年05月19日 00:09

どうも。相変わらずほろ酔いの金曜日の夜にブログの更新をするボクです。

前回は営業の断り方について私見を書いたわけだけど、今回は行政書士の営業についてちょっと書こうかなと。重いテーマだからなんだか書きづらいけど、支離滅裂で大胆不敵で傲岸不遜で単純明快な感じでいってみよう。

ボクが開業してから2年と少しの間で、仕事が上手くいっている人も、そうでない人も見てきた中で、ひとつだけ断言出来ることがある。それは「動けば何かが起こる」ということ。逆に言うと「動かないとお客さんは来ない」ってこと。

はいそこのアナタ、「は?当たり前だろボケ」とか怒らないで。

でもね、しっかり営業して動けてる人ってそんなに多くないんですよホント。ボ、ボ、ボ、、ボクのことはいいんですよ。ボクのことは。

実際行政書士を開業する人って、「会社で営業するのが嫌だから」みたいな理由で開業している人も少なくないと思うんだけど、結局自営業で、しかも1人でやるとなれば営業は絶対に避けては通れなくて、営業が苦手だから廃業しちゃう、みたいな悪循環があるのも事実だと思う。

確かに営業って言うと、いわゆる飛び込み営業とか、テレアポとか、交流会に出るとかっていうのを想像しちゃって二の足を踏むところもあるとは思うんだけど、実はそれだけじゃない。

そういう営業が苦手な人はネットとかで頑張ればいいし、他にも色々やり方がある。実際ネットだけで食ってる人もいるしね。

でも、どういう方法を採るにしても、とにかく動かない事には何も起きないしお客さんも来ない。これだけは間違い無い。

で、動くと、それが形になってなくてもなぜか問い合わせが増えたりする。例えば、ある業務のサイトを作り始めると、その業務についての問い合わせが入ったりとか。オカルトっぽいけど、不思議とそういうことってあるんですよ奥さん。

だからね、とにかく集客のために自分にも出来ることを考えて、それを実行に移す。それの繰り返ししか無いんですよきっと。別にどうしても飛び込み営業ができない人は無理にやる必要は無いし、ホームページを作るのがどうしても面倒な人はその必要も無いと思うけど、自分がやれる、やりたいことやる。まずは行動。これが王道かつ唯一の成功への道なんだと思う。

という自分へのメッセージを、色んな人が見る可能性のあるブログに書いてみた。ああ誰か、自分に厳しくなれる方法を教えて下さい・・・。

シンクロニシティ?

2012年06月14日 23:24

どうも。事務所でリフティングの練習をしているボクです。

ここのところ、この業界にずっと違和感を感じてきたことが段々とはっきりしてきた。

行政書士実務研究会をやっている関係上、多くの新人の方に会うんだけど、そういう方々の将来の展望っていうのが基本的に、

自宅で開業>そこそこ売上上がったら事務所借りる>もうちょっと儲かったら人雇う

ってのがほとんど。いや、別にこれが悪いって言ってるんじゃないんですよ。リスクも比較的少なくて済むし、失敗したとしても傷は最小限で済むしね。

それとね、大体の人が「職人」になろうとしてる。もちろんこれも悪いこと何も無い。

まあ、でもこんなこと書いてるってことは、ボクはちょっと違うこと考えてるわけです。さすがに詳しくは言わないけど。

ってなことを考えてて、しっかり準備して行動に移せば、業界の中で一歩先に行けるなーなんて思ってたら、ちょこちょこ似たようなこと考えてそうな人がいる。これまで全然そんなこと考えてる人がいるって気づかなかったのに。

これはボク自身が考えてるから似たようなこと考えてる人の意見が目に付くというだけなのか、それとも一斉にサルが芋を海水で洗うようになるかのようなシンクロニシティなのかは知らないけど、結局どんなやり方したとしてもライバルはいるんだよね。

ってお話でした。

デキる!

2012年09月24日 17:20

どうも。広告が出る前に計画的にブログを更新するデキる男のボクです。

今日事務所に新しい行政書士のポスターが届いていました。女性のヴァイオリニストのなんとかさんの写真がでかでかと配置されています。一応事務所のポスターは新しいものにつけかえといた。

でもね。これまじで何のポスターだかパッと見て全くわからない。見たい人はGoogleで画像検索すればすぐ出てくるのでそちらでどーぞ。

大多数の人は、そのヴァイオリニストの宣伝用のポスターだと思うんじゃないだろうか。一応その女性の周辺に「あなたの街の法律家」だとか「あなたの側に行政書士」だとかが目立たない感じで書いてあって、更にもうソフトバンクのCMの注意事項くらい地味な感じで

「行政書士は許認可・登録申請、遺言や相続、色々な契約・届出などの相談から書類作成までサポートします。」

と書いてある。

もう全くもって何を伝えたいのかがわからない。ただ単にこのヴァイオリニストのファンの爺さんが、単純に部屋にポスター飾ると恥ずかしいから、行政書士会のポスターにして誤魔化してるとしか思えないようなレベル。

行政書士会だって4万人以上の会員を抱える巨大組織なんだし、そのPRポスターを作るのならば、全ての画面上の配置されているオブジェクトに意味があって当然だと思うんだけど、これを企画、立案した人にその意図を聞いてみたい。

行政書士会の適当男ことボクでもさすがにこれはひどいと思ったってお話でした。

あ、2個前くらいの記事に書いた実名ブログは一応作りました。そのうちそのブログに埋もれていってこのブログを探すのが困難になる予定です。

おっとっと

2012年10月22日 15:02

どうも。青春の証が鼻の周りに複数発生して顔が痛いボクです。

更新ペースは相変わらずではありますが、今は前回の記事にも書いた実名ブログの方を更新しまくっているので、こちらは今後もほぼ放置状態になります。以前から放置状態だっただろというツッコミは心の中に留めておいてくださいね。

なんだかこのブログの存在意義を見失いつつある現在、このブログをどうしていこうかと思案中です。とりあえず消すつもりとかはありませんが、当面は月に1回、広告を消すためだけの短い記事の更新が中心になると予想されます。

もし広告が出たまま長期間放置されるようになったら、「あ、諦めたな」と思って下さい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。